モロッコで昔から、POUF プフ と呼ばれる ソファクッション。
大きい円柱や立方体のクッションオットマンが、リビングなどにポンポン散らばっています。

 

ぎゅっと中材を詰めて、コロンと置けば、インテリアのアクセントに最適。
お客様の人数が いきなり増えた際にも便利です。



ソレイユでは、2002年から 約15年間、プフを販売しています。

ほとんどのプフ(ソファ)は、革と革のつなぎ目に 1個ずつ結び玉を作りながら手縫いをします。

職人さんの片方のヒザの上に革を固定して、クルクル玉を作りながら革と革を継いでいくのですが、
とてもかわいいけれど、気が遠くなるような作業、2000個~3000個も結び玉があります、

刺繍に使う糸は、モロッコのサブラ(光沢がある植物の繊維)です。
結び玉には、サブラの細い糸をひねって太い飾り糸に仕立てた物を使います、


  « もっと詳しく
 プフ ソファの ご説明ページへ





 


ラウンド型の 一覧ページへ


円柱型などの 一覧ページへ


スクエア型の 一覧ページへ


ラウンド切替 一覧ページへ






値引き品のページ



素材と工房のお話



サイトマップ



ご注文ガイド



ソレイユ HOME


 

PAGE TOP