一覧ページ へ 戻る



ファスナーの すぐ脇の 細かいブロドリーは、モロッコの手刺繍です。



初めに、200色くらいある 絹糸のような とても細い糸から、ソレイユが 3色だけ選び、
モロッコの糸職人が その とても細い糸をひねって 1ミリ幅の装飾糸を作ります。

1ミリ幅の 装飾糸を、糸職人が 2本合わせてコンビカラーにしたり、
1色のみでクルクル小さな輪を作ったりしながら、チクチク縫いとめます。


ツヤのある美しいタッセルは、とても細い糸の状態から 糸職人が手作りします。

モロッコ・シルクと呼ばれている、サブラの糸素材は、
モロッコに生息するサボテンから作られる、光沢の美しい植物繊維です。
糸職人が手作業で少しずつ ひねりを加え、それをさらに組みヒモ等に仕上げます。



内布 (ローズ色の布地) は、ミシンを使わず、モロッコの女性が手縫いをしています。

ヴィンテージ風の、ふっくらしたポシェット 。民族衣装の 軽い素材です。

底がオーバル型なので安定感があり、財布・メガネ・携帯などをひととおり収納できます。

幅27cm 底17x14cm



*※*
丸い抜型の部分が、あまり綺麗ではありません (上記の画像参照)、
その為、値引き価格になります。
細部を あまり気にならないかたに お勧めいたします。
パッと見た感じは、それほど不備は目立たちません。





PAGE TOP